menu
閉じる
  1. ビタボンって知ってる?禁煙が捗る疑似煙草
  2. 電子タバコで禁煙に挑戦!のつもりがニコチン依存症に
  3. 禁煙もどき!アイコスで禁煙した気にならないで
  4. 水タバコは依存する?煙草の代わりにならない水タバコ
  5. 本当に効果がある?ニコレットの禁煙成功メカニズム
  6. チャンピックスって何!?禁煙できるメカニズム
  7. 禁煙しなくてもいい!?女子に人気の煙草男子とは
  8. 煙草の値上げ対策!免税店で安く購入する方法
  9. 禁煙できないのはニコチン依存症じゃなくてただの癖?
  10. 海外の禁煙事情!実は日本よりも進んでる
  11. 禁煙の離脱症状と一体いつまで戦えばいいの!?
  12. 喫煙者の母乳は危険?授乳期間は禁煙を!
  13. 嫌煙者にメリットが?禁煙に関する法律
  14. メリットいっぱい禁煙!深呼吸とガムで禁煙成功!
閉じる

禁煙のメリットと健康改善

煙草を吸う男性
禁煙、したいですよね。私は何度も禁煙に失敗してきました。しかし禁煙にはたしかにメリットがあります。人間が禁煙できないメカニズムなど、できるだけたくさんの情報を共有していきます。

禁煙すれば食事が美味しく感じられる

禁煙後の美味しい食事風景 長年吸い続けてきたものを急にやめるのはとても辛いものです。
特に、依存性の高いタバコを急にやめてしまうと、禁断症状のようにタバコが恋しくなるから不思議。
ここ近年でタバコ一箱の価格はどんどん上がり、もうすぐ500円台に突入してしまうかもしれません。
昔は、どこでタバコを吸っても良かったものの、気付けば片隅に追いやられ、肩身の狭い思いを抱えている方も多いでしょう。
禁煙すればお金もかからず、健康な体を維持することができることがわかっていても中毒性の強いものの為、確固たる意志がなければ禁煙をすることは難しいのです。

禁煙のメリット

今回は、禁煙をすることによって生まれるメリットについて考えてみましょう。
実際にどのようなメリットがあるのか、禁煙をすることでどのように変わるのかについてご説明していきます。
まず、よく言われているのが、禁煙をすれば食事が美味しく感じられるというもの。
美味しい食事はタバコを吸っていても美味しく感じられている、そう思い込んではいませんか。
実は、タバコを吸うことで食事の本来の味をしっかり味わえていないのです。

亜鉛不足が招く味覚障害

味覚障害を起こしている人 喫煙をしていると、私たちの体は常に亜鉛不足に陥ります。
亜鉛が不足することで、味覚障害を起こしているのです。
人間の舌には味蕾と呼ばれる器官があり、その場所で味覚を感知しています。
味蕾は細胞分裂を盛んに行う部位でもあるので、亜鉛酵素が豊富に分布していると言われているのです。
しかし、亜鉛が不足してしまうと味蕾の細胞分裂が滞り、感覚細胞としての機能が損なわれてしまいます。

また、亜鉛は唾液腺にあるガストリンの構成にも関与しています。
味覚受容器に生理的な役割を果たしているものとして扱われているのですが、亜鉛が不足すると敏感に察知してしまいます。
喫煙をしていることによって、常に亜鉛が不足した状態になっていることを私たちはあまり気付くことができません。
しかし、禁煙をすることによって、今まで自覚がなかった味覚に気付くことができます
食べ物が美味しく感じられるのはもちろんのこと、塩分などの細かな部分まで感じることができるのです。

禁煙後でも後遺症は残る

ただし、禁煙をしたのに味覚が鈍感のままのこともあります。
これは、喫煙できない口寂しさから甘い物や香辛料の強いものなどをよく食べるようになってしまったことが考えられます。
喫煙できないストレスを食事にぶつけていたり、偏った食事ばかりを食べていると逆にストレスを増幅させてしまう原因になってしまうかもしれません。
甘味の強い物や刺激的な物ばかりを食べていると舌を傷つけて麻痺させてしまいますので注意しましょう。

禁煙をすることによって、本来の味覚が戻ってくる人が多い反面、味覚障害が残ってしまう人もいます
それは喫煙によるものではなく、生活習慣や食事の変化によって起こっていることが考えられますので、まずは生活習慣を見直してみることが必要です。
また、薬物による味覚障害も亜鉛不足を招く一つの原因と言われています。
特に制酸剤や抗生物質、降圧利尿剤、冠血管拡張剤などを服用していると亜鉛の吸収を妨げてしまいますので注意してください。
禁煙をしても味覚がはっきりしない場合には、隠れた病気が原因のこともありますので、病院を受診するようにしましょう。

禁煙をするだけでほとんどの方が味覚を取り戻すことができますが、今まで不足していた亜鉛を積極的に摂取していくことが大切です。
亜鉛を摂取するには、豆類や魚介類、卵類に多く含まれていると言われていますので、食事に取り入れていきましょう。
毎日の食事で補うのが難しい場合は、サプリメントなどを併用すると良いでしょう。

コーヒーにも注意!

コーヒー また、タバコが好きだった方に多いのがコーヒーを愛飲していることです。
タバコとコーヒーの相性は最高で、セットで摂取していた人も多いでしょう。
しかし、コーヒーは亜鉛の吸収を50%低下させると言われていますので注意してください。
コーヒーを飲む1時間前か飲んだ2時間後程度に亜鉛を服用することが効果的です。
亜鉛などのミネラル分を摂取するときのポイントとしては、ビタミンCやクエン酸、リンゴ酸などの酸性の栄養素と一緒に摂取することで吸収率を上げることができますので、参考にしてください。

禁煙のデメリット!?禁煙によって太ってしまう人

禁煙をしたいと望んでいるものの、『禁煙をすると太る』のが怖くてやめることができないという人もいるのではないでしょうか。
特に女性にとって太るというのはとても怖いものです。
禁煙をすると太るという噂は本当なのでしょうか。
なぜ、太ってしまうのでしょうか。
その原因について詳しく解説します。

禁煙をすると太ってしまうというのは事実です。
ただし、誰もが太るというわけではありません。
自分の力で禁煙をした男性は約2.8kgの増加、女性は3.8kgの増加と言われています。
男女ともに体重が増加してしまうというデータは存在しており、太る可能性が高いのは事実のようです。

ニコチンが主な原因

ニコチンが含まれるタバコ なぜ、タバコを吸わなくなると太ってしまうのか、その原因はニコチンと言われています。
ニコチンは、依存性の高い有害物質です。
働きとしては心拍数や脈拍、血圧を上昇させ、末梢血管の収縮を引き起こす作用があると言われています。
ニコチンが体内に摂取されることで、神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンなどの分泌が促進されるのです。
これらの分泌が促進されると食欲を抑える働きがある為、食事をさほどとらなくても問題ありませんでした。
しかし、タバコをやめるとこれらの分泌は促進されなくなり、食欲が増します
食欲が増すと食事量も増えるでしょう。
これによって食べ過ぎてしまうようになるのです。

食事量が増えても運動などカロリーを消費する動きを行っている場合はさほど体重に影響は出ませんが、今までの生活のまま食事量だけが増えてしまえば、当たり前ですが体重はどんどん増えていくでしょう。
体重増加の原因はニコチンによって抑えらえていた食欲が禁煙することで抑えられなくなったからというわけです。
タバコをやめて出る離脱症状の一つとして考えられています。

味覚回復も影響している

また、味蕾が正常に働くようになると味覚が戻ってきますので、食事をより美味しく感じることができるのも太る要因と言えるでしょう。
美味しい食事であれば、つい食べ過ぎてしまうなんてことも珍しい話ではありません。
今までは何を食べてもさほど美味しいと感じなかった人であれば尚更です。
食欲が増し、美味しい食事を食べてしまえば、体重が増加するのも仕方ないのかもしれません。

禁煙=ダイエットではない

禁煙 タバコをやめれば絶対太るということではもちろんありません。
これは本人の行動が大きく影響することですので、本人が食べたいという欲求に駆られた時に実際に食べるかどうかを選択することが出来る為です。
食欲に任せて食べることを選択してしまえば、体重が増加してしまいますが、食べない選択をした場合には太ることはありません。
自分の意志でどうするかを選ぶことができるので、絶対に太るというわけではないのです。
強い意志を持って禁煙をし、食欲にも勝つことができれば健康的なスレンダーな体を手に入れることができるというわけです。
どうするのかを決めるのは禁煙をした本人の意思なのです。

ただし、タバコを吸っていれば太らないかと言えばそうでもありません。
厚生労働省の報告によると、男女ともに所得の低い世帯で肥満者の割合と習慣的に喫煙しているかどうかを調べたところ、どちらに対しても高いことがわかっています。
喫煙そのものが体重にすべて影響をしているわけではなく、所得や生活環境など様々な要因が影響しているようです。
所得が少ないのに、なぜ喫煙をするのかと疑問に感じる方もいらっしゃるでしょうが、喫煙にはストレス発散効果もある為、生活に困窮している人ほど喫煙率は高いのです。
また、所得が低いことによって食事の偏りがあることも太る原因と言われています。
禁煙をしたから太るのではなく、あくまでも自分の意志によるものが関係していることがわかってもらえたでしょうか。

欲求のコントロールが大切

喫煙をしている人の多くが、何度か禁煙にチャレンジしていることでしょう。
しかし、強い意志が無ければやめることは簡単ではありません。
これは食欲に対しても同じことが言えるのです。
欲求という本能にどう抗うかが関係しています。
禁煙したいけれどやめられないという人は、自分自身の欲求に対して忠実であり、実際に禁煙をして食欲が増してしまえば、次はその本能のまま食べてしまうことが懸念されます。
タバコをやめることもそうですが、食べ過ぎてしまうことも体には良くありません。
健康な体を維持する為には、欲求に対して制御していくことが必要なのです。

禁煙は肺が綺麗になり、健康になる

喫煙する人 禁煙をすると肺が綺麗になると聞いたことがある人もいるでしょう。
しかし、実際には喫煙により一度失われてしまった肺機能は、禁煙をしても完全に取り戻すことは現代の医学ではできないと言われているのです。
よく、画像などで喫煙をしている人の肺と健康な人の肺を比べた写真などがありますが、喫煙をしたことがある人はそのクリーンな状態に禁煙をしたからといって戻ることはないのです。
それなら、タバコをやめなくても問題ないだろうと考えてしまう人がいるかもしれませんが、それは間違っていると言えます。

まず、喫煙を続けていることによって肺がんにかかるリスクが高くなるということは、タバコのパッケージなどに記載されているものですので見たことがある人も多いでしょう。
喫煙をやめ、禁煙をすることによって肺がんリスクが低下するのは、実は禁煙後5年~9年後と言われているのです。
禁煙をしたからと言ってすぐに肺がんのリスクが低下するわけではないと言えます。
また、喫煙による病気にかかるリスクは吸わない人と同程度になるまでには10年~15年必要と言われているのです。
喫煙をしてしまった肺や身体は、タバコをやめたからといってすぐに戻ることはありません。
ただし、細胞の再生機能によってある程度までの回復は見込めるようです。

一度でも喫煙した経験がある人の肺を、タバコを一切吸わない人の肺と同じような状態に戻すのは簡単ではありません。
回復する為にはかなりの長い年数が必要であることを考えると、早い段階でやめることが必要と言えます。
肺がんリスクを低下させるだけで5年以上の時間がかかり、それ以外の疾患にかからないようにする為には約15年は見込まないといけないのです。
この状態を考えると、一日でも喫煙を早くやめることが大切であると考えられます。

肺機能に障害が出る前に

肺機能に問題が出てしまうと、人によっては死にたいとすら感じるぐらいの苦痛を味わうことになります。
肺は呼吸をする大切な臓器です。
呼吸は私たち人間にとって欠かすことができないものですから、息がしにくいという状況がとても辛いことは安易に想像することができます。
肺に異常が出る前に禁煙することが大切です。
また、一度機能を失ってしまった肺を完全にクリーンな状態に戻すことは期待できませんが、それでも今以上にしないことはできるはずです。

禁煙のメリット

改めて、禁煙のメリットについておさらいしていきましょう。
メリットとして考えられるのは、味覚障害を改善することができることです。
そして、肺機能をこれ以上悪化させないことができます。
健康的な体を維持するメリットも含まれます。
また、タバコ代として使用してきたお金を節約することができるというメリットもあるでしょう。
デメリットとして考えるとしたら、先ほど述べたように太る可能性があることです。
しかし、メリットとデメリットを比べたとしても確実に禁煙をした方がメリットが多いことがわかってもらえるでしょう。

禁煙外来を利用してみよう

しかし、人間は健康にメリットがあるとわかっていても簡単にやめることができません。
健康に害を及ぼすようになって初めて禁煙する気持ちが芽生える人もいるほどです。
体調が悪くなってからやめるのではなく、その前にやめるべきことなのですが簡単ではないのがタバコでもあるのです。
最近では、禁煙外来というものができましたので、チャンピックスなどの禁煙治療薬によって禁煙をする人も増えています。
チャンピックスはタバコを不味く感じさせる効果があるので、確実に禁煙することが出来ます。
ですが基本的に保険が適用されませんので、医療費は10割負担になってしまいます。
しかし、年間でタバコにかかる費用を考えれば数万円で済みますので、自分の力だけではやめることができない人にはおすすめの方法です。

禁煙をしよう!

嫌煙家の方が増えていくことで、喫煙者の肩身はどんどん狭くなっていきます。
吸っている本人の健康だけではなく、周囲の人間の健康にまで害を及ぼしていることも事実です。
まだまだ先が長い人生、いつ怖い病にかかるかもしれないのですから、わざわざ自分の身を自分で危うくする必要はないでしょう。
依存性の強いもの、中毒性の強いものは自分の意志だけで我慢することができないことも多いでしょうが、健康な日々を過ごしていく為には、禁煙にチャレンジすることを強くおすすめします。

禁煙のお勧め記事
禁煙最新記事
  1. ビタボンって知ってる?禁煙が捗る疑似煙草
  2. 電子タバコで禁煙に挑戦!のつもりがニコチン依存症に
  3. 禁煙もどき!アイコスで禁煙した気にならないで
ページ上部へ戻る