menu
閉じる
  1. 煙草の値上げ対策!免税店で安く購入する方法
  2. 禁煙できないのはニコチン依存症じゃなくてただの癖?
  3. 海外の禁煙事情!実は日本よりも進んでる
  4. 禁煙の離脱症状と一体いつまで戦えばいいの!?
  5. 喫煙者の母乳は危険?授乳期間は禁煙を!
  6. 嫌煙者にメリットが?禁煙に関する法律
  7. メリットいっぱい禁煙!深呼吸とガムで禁煙成功!
閉じる
煙草を吸う男性

喫煙者の母乳は危険?授乳期間は禁煙を!

授乳中の赤ちゃん
妊婦の喫煙が胎児に影響するということはご存知の方も多いですが、授乳中の喫煙も胎児の発育に大きく影響します。
妊娠していない男女でも喫煙は健康被害をもたらすとありますが、その原因はたばこの中にふくまれる化学物質のせいです。
たばこの中には約4000種類もの有害物質が含まれています。

喫煙をすることによって母体の中のニコチンと一酸化炭素が増加し、母乳に含まれるニコチン濃度は約2倍以上になるといわれています。
このニコチンが含まれた母乳を飲むと赤ちゃんに悪影響あるとされています。
ママが1本吸ったことで、まるまる1本分のニコチンが移行するわけではありませんが、乳児の体は小さいので、その小さな体で考えると1本吸ったのと同じくらいの濃度のニコチンを摂取するのと同じような状況になります。

喫煙したママの母乳を飲むと赤ちゃんもニコチンを摂取することになり、赤ちゃんの発育を妨げてしまいます。
その症状はニコチン中毒によるめまいやおう吐や下痢、脈拍増加や呼吸器疾患、アレルギー等のリスクも高めてしまいます。
症状が重くなると命の危険に直結する症状がでることもあります。
他にも気管支ぜんそくや肺炎等の呼吸器疾患、突然死症候群の原因にもなります。
発症頻度は喫煙していない家庭に比べると約3倍~約5倍になり、その差はとても大きいです。

また、喫煙しニコチンを摂取すると母乳量にも変化が出ます。
血液から作られる母乳ですがニコチンにより、血管を収縮させ血流を阻害させてしまうので母乳が出にくくなります。
厚生労働省によると、1日に4本以上の喫煙で分泌量は10%~20%低下し、その低下は喫煙量に関係していると発表されています。

また、喫煙により母体から受けられる免疫効果や知的能力増加の効果が消失してしまいます。
乳児であってもニコチン依存症になることもあります。
妊娠中・授乳中の成長の過程で子供がニコチン依存症になると、知能指数の低下や学習障害、注意欠陥多動症候群、暴力犯罪や常習的犯罪の増加のリスクが出てきます。

妊娠中に禁煙をして我慢していた方も、ミルク育児にして喫煙再開することが多いですが、受動喫煙でも赤ちゃんに影響は出ます。
できれば母乳で育てたいと思っていてもたばこを我慢できずにストレスを溜めこむことも良いことではありません。
医師に相談しても禁煙することが一番だといわれると思うと相談もしづらくなりますが、ストレスや環境など個人によって違うので一度相談してみましょう。
しかし、自己判断で喫煙をしながら授乳するのはリスクが高いのでやめましょう。

妊娠が発覚したらすぐに禁煙を

喫煙していて妊娠がわかったら、すぐに禁煙するようにしましょう。
胎児へのたばこの影響は悪影響しかありません。
特に妊娠初期は胎児形成の重要な時期で、合併症の他にも口唇裂や口蓋裂、先天性疾患、手足の欠損の異常もみられます。
新生児の低体重や子宮内胎児発育遅延の影響が大きいとされており、十分に発育できなかったために合併症や感染症にかかりやすくなってしまいます。

誕生後も低体重のため抵抗力も低く、黄疸が強く出て重度のものになると集中治療室での治療が必要となります。
そうなると母子同室はおろか、一緒に退院することもできなくなってしまいます。
楽しみにしていた赤ちゃんとの生活ができなくなってしまいます。

たばこが与える影響は母体にもあります。
子宮などの血液循環が悪くなると胎盤の機能が低下し、早産や流産の原因にもなります。
ほかにも妊娠合併症のリスクも高くなります。
絨毛膜羊膜炎や上位胎盤早期剥離、前置胎盤などの合併症が妊娠初期に多く起こりやすいとされています。

最近では禁煙外来も多くあり、自分の意志で禁煙が難しいようなら一度相談してみましょう。
妊娠中であることは隠さずに、自分だけではなく赤ちゃんの為にもやめる意思があることを伝えるのです。

関連記事

  1. menzeiten

    煙草の値上げ対策!免税店で安く購入する方法

禁煙のお勧め記事
禁煙最新記事
  1. menzeiten
    煙草に対する風当たりは、年々、厳しくなってきています。受動喫煙防止のため飲食店の多くは禁煙で…
  2. kinnenn_nayami
    嫌煙家が増加する中、禁煙に挑戦したことがある方はたくさんいるのではないでしょうか。またどうせ…
  3. kaigai_kituen
    最近日本では喫煙者に対してかなり厳しくなってきていると感じている人も多いかもしれませんが、海外は…
ページ上部へ戻る