menu
閉じる
  1. ビタボンって知ってる?禁煙が捗る疑似煙草
  2. 電子タバコで禁煙に挑戦!のつもりがニコチン依存症に
  3. 禁煙もどき!アイコスで禁煙した気にならないで
  4. 水タバコは依存する?煙草の代わりにならない水タバコ
  5. 本当に効果がある?ニコレットの禁煙成功メカニズム
  6. チャンピックスって何!?禁煙できるメカニズム
  7. 禁煙しなくてもいい!?女子に人気の煙草男子とは
  8. 煙草の値上げ対策!免税店で安く購入する方法
  9. 禁煙できないのはニコチン依存症じゃなくてただの癖?
  10. 海外の禁煙事情!実は日本よりも進んでる
  11. 禁煙の離脱症状と一体いつまで戦えばいいの!?
  12. 喫煙者の母乳は危険?授乳期間は禁煙を!
  13. 嫌煙者にメリットが?禁煙に関する法律
  14. メリットいっぱい禁煙!深呼吸とガムで禁煙成功!
閉じる
煙草を吸う男性

煙草の値上げ対策!免税店で安く購入する方法

免税店
煙草に対する風当たりは、年々、厳しくなってきています。
受動喫煙防止のため飲食店の多くは禁煙です。
最近では居酒屋など、一昔前は喫煙が当たり前の場所での禁煙も広がりつつあり、喫煙者の居場所はどんどん狭まってきています。

世の中の禁煙の流れに合わせ、煙草の値上げの話もここ数年来は出ては消え、出ては消えしていますが、最近で煙草を一箱1000円に値上げしてはどうかという話題も耳に入ってきます。
吸う所がなくなり、吸える所を見つけても一箱1000円になってしまっては、喫煙者にとっては非常に厳しい状況です。

マナーを守って吸える所で吸うので、せめて煙草は安く買わせてほしい。
こんなことを考えている方も多いのではないでしょうか。
ただ、日本国内では煙草の値段は一律に決められており、値引きしてくれる所はありません。

現在売っている煙草の値段のうち約6割は税金です。
そこで浮かんで来るのがいわゆる免税店での購入です。
税は国家が課するものですが、港でも空港でも、出国手続きから船舶・航空機内を経て、他国への入国手続きをするまでの間、税法上はどこの国にも属さない事になります。
つまり、この間一切の税金がかからず、税金がかからないエリアにあるお店が免税店ですので、単純に考えれば、免税店で煙草を購入すれば半額以下で煙草が買えます。

ただ、免税店は先ほど書いたように特殊な場所にありますので、日常の買い物で行くことはできません。
出国しなければならないのですが、現在は、昔と違って手軽に海外に行くことができますし、特に最近はLCCの登場によって数千円で近場の外国まで往復できるチケットも売っています。

例えば、450円の煙草の約6割、270円が税金だとします。
実際にはもう少し高くなっていますが、免税店での販売価格は180円になります。
ワンカートン買えば、単純に2700円浮いたことになり、4カートンも買えば飛行機のチケット代も浮いてしまうことになります。
いつも吸っている煙草を4カートン買えば海外旅行に行ける。こう考えればすごいことです。

ただ、あなたは出国審査から入国審査までの間にどれだけの煙草を吸えるでしょうか。
今は飛行機の中でも吸うことはできません。
買う時は安くても、通常、海外で入国する際には持ち込みの制限があります。
1から2カートンまでが免税の国が多いのですが、シンガポールやオーストラリアのように非常に効率な税を課される国もあります。
免税店で安く購入しても、結局は入国するまでに消費できなければ意味のないことになってしまいます。

煙草の値上げを理由に禁煙にチャレンジ

こう考えると、喫煙者は考えを変えた方がいいかもしれません。
どんなに安く済ませようと思っても、世の中のシステムがそれを許さないからです。
今後、煙草が値上げされて1箱1000円になったらどうなるのでしょうか。
LCCを使って、せめて1か2カートンでも安く買えたとしても、普通の人は、海外に行く時間的な余裕はそんなにはありません。
海外旅行と海外旅行の合間は、高い煙草を買ってお小遣いを浪費するか、とにかく我慢するしかありません。
このように考えると、もしかしたら煙草の値上げを理由にしてでも禁煙した方が経済的にもメリットがありますし、禁煙に成功できれば、吸えない時のイライラ感からも解放されます。
喫煙者にとってはこの10数年間、じわじわと締め付けられているような感じを受けていると思いますが、損得から考えても、いっそのこと値上げをきっかけに禁煙してしまった方が良いかもしれません。

例え話になりますが、戦前、台湾を日本が統治していた際、有害なアヘンをいきなり禁止すると抵抗が大きいので、売人を免許制にしたり、専売制を敷いたり、徐々に値段を上げていったりして撲滅に成功しました。
公に言われることはありませんが、今の日本も煙草を撲滅するために同様のことをしていると考えてみてください。
最後まで抵抗しようとすると一番損をするのは自分になってしまいますね。

関連記事

  1. akatyan

    喫煙者の母乳は危険?授乳期間は禁煙を!

  2. mizutabako

    水タバコは依存する?煙草の代わりにならない水タバコ

禁煙のお勧め記事
禁煙最新記事
  1. gijitabako
    ビタボンとは煙草のようなスティックタイプのものですが、煙草に含まれるニコチンやタールが含まれてい…
  2. densitabako
    タバコは、数百年の歴史を持つ嗜好品の一種で、2,015年の調査によると男性の約30パーセント、女…
  3. iqos
    アイコスはフィリップ・モリス社が製造及び販売元となっている加熱式タバコです。従来の紙巻きタバ…
ページ上部へ戻る